黒ニキビを早くなくす方法と予防法

小学5年生ころから、娘の小鼻に黒ニキビができ始めました。

それまでは綺麗だったので、夜もお風呂で洗顔するときに軽く洗顔するだけでしたかが、
トラブルもなかったのでそのままでした。

でも、ニキビが出てきたからにはほおっておけませんよね~!
女の子ですから余計にです。

「しっかりと洗ってね」と伝えましたが、あまりよくなりません。

「どうやって洗ってるの~?」と洗顔してるところを見せてもらうと、

・・・

そりゃよくならないわ!

っていう洗い方でした(^-^;

と、いうわけで、母が一緒に泡立てから手の使い方まで教えてあげ、
黒ニキビは少しきれいになりました!(^-^)

私自身、思春期から黒ニキビに悩まされ、
成人してからも、

・・・実は結婚してからも小鼻の黒ニキビは完全撤去になってなかったんです(涙)

私の肌はどちらかというと脂性肌です。
汗かきではないんですが、Tゾーンはテカリやすいです(恥)

Tゾーンと頬にも黒ニキビがあったりしたので、ほんとそれが嫌で嫌でたまりませんでした。
なんとかお化粧でごまかしていましたが、

透き通るようなお肌に憧れていて・・・

でも、あるアイテムのおかげで黒ニキビがきれいになったんです!

そのアイテムとは

・・・

(*o´∀`)/ジャーン
固形石鹸

ホホバオイルとか美容成分が入った1個数千円もするお高い洗顔石鹸ではないですよ。
ふつーーーの石鹸です。

3個300円以下で売ってる、スーパーに売ってる、ほんとに普通の石鹸なんです。

今回は誰でもできちゃう、黒ニキビやっつけ作戦をお伝えしていきますね!

黒ニキビって何?どうしてできるの?

黒ニキビができる原因

そもそも、黒ニキビってどうしてできるのか?
それを理解していないと、正しいお手入れ方法もわからないですよね。

ちまたでは、美容石鹸やニキビがすぐよくなるといった商品も多い中、

一体どれが一番自分にあうんだろう?
なるべく安いのがいいけど、お肌によくないものは嫌だし・・・

と、美容系の商品の選び方ってとっても悩みますよね。

私もとても悩みましたよ~。

お化粧を始めたころ、大学生になった時に、母に大丸へ連れていかれて、
資生堂のブースで一通りお化粧してもらって、一式を買ってもらったのを思い出します。

その時に買ってもらったのは、化粧水とファンデーション、口紅、アイブロー、アイシャドーもだったかな?

とにかく化粧する道具がメインで、クレンジングや洗顔の大切さなんて教わってないんですよね。

なので、女たるもの、いかに上手にお化粧品を塗ってきれいに変身するか?っていうことを考えていました。

でも、これは間違いで

お化粧する前に、地肌をきれいにしておくことが一番大切!

つまり洗顔が一番大事
っていうこと、
これはこの数年で知ったことなんですね。

さて、話を戻しましょう。

黒ニキビ、どうしてできるんでしょう?

黒ニキビができるメカニズム

白ニキビと黒ニキビのできるメカニズム

お肌を潤すために、毛穴からは適度な皮脂がでていますよね。

この皮脂のおかげで、細菌やホコリから守ってくれてるんです。
大切な役割を果たしてくれていますよね~!

ただ、この皮脂の分泌が、思春期だったり、脂分の多い食事(ファーストフード、スナック菓子)などをたくさん食べたりして食生活が乱れたり、またストレスなどで乱れ、分泌量が多くなったり・・・

皮脂が過剰になってくると毛穴に詰まってきます。
そうするとアクネ菌が増殖しはじめます。

毛穴に詰まった皮脂は、時間がたつと芯と言われる脂肪の塊となって毛穴を防いでしまします。
この状態が白ニキビと呼ばれるものです。

ニキビの1段階目です。

そしてこの状態を放置してしまうと、古い角質が酸化して黒く変色し黒ニキビとなるんです

黒ニキビがニキビの2段階目ですね。

でも、まだまだ初期なのですぐに治るようです。
(私はずーっと黒ニキビさんとお友達でしたが(^-^;)

さらに進むと赤ニキビとなります。

大量に増殖したアクネ菌によって皮膚組織が刺激されて炎症が起こると赤ニキビになりますが、
実は娘はおでこにこの赤ニキビが数個できてる状態です。

赤ニキビのできるメカニズム

赤ニキビは、娘が中学生になるころからだったと思います。
部活も始まり、一気に皮脂分泌が多くなったんでしょうね。

ちゃんとニキビケアの方法を教えてあげなくては!


黒ニキビを無くす方法

今までお伝えしてきたように、
ニキビとは、皮脂の分泌が増加し、それが毛穴をふさいだものです。

時間がたって酸化したら黒くなって黒ニキビ
アクネ菌が悪さして炎症おこしたら赤く腫れて赤ニキビ

皮脂の分泌が原因なので、ニキビを無くす方法は2つ考えられます。

1. 皮脂分泌を正常に戻す
2. 出てきた皮脂が詰まる前にしっかり洗い落す

1つ目の皮脂分泌を正常に戻すというのは、思春期真っただ中で分泌量が増えやすいの中学1年の女子には難しいので、2つ目の皮脂をしっかり洗い流すが目標となります。

とはいっても、食生活ももちろん大事なので、しっかり確認しておきたいですね。


ニキビを作らないようにする2つのポイント

ニキビケアのポイント

ニキビを作らないようにするには、以下の2点に注意していきましょう。

1.皮脂分泌を正常に戻す
2.出てきた皮脂が詰まる前にしっかり洗い落す

1.皮脂分泌を正常に戻す方法

ニキビ対処方食生活の改善

食生活、生活習慣を見直しましょう。

不規則な生活は、交感神経を刺激し優位にします。交感神経が優位になると皮脂が過剰に分泌されやすいといわれています。
夜は10時くらい、遅くても12時までにはベッドへ入り、朝は6時か遅くても8時には起きるという習慣をつけるといいです。

私は子供には幼稚園の頃から夜は9時、朝は7時に起こすようにしていました。
小学生の頃は、夜は10時、朝は6時半、

中学生の娘は、朝練のある日は夜は10時半から11時、朝は6時に起きています。

なので、生活リズムは大丈夫そうです。

食生活も、野菜とお肉のバランスよく気を付けているし、好き嫌いもほとんどない子なのでこれも大丈夫そう。

やっぱりスキンケアをまずは見直すことに。

2.出てきた皮脂が詰まる前にしっかり洗い落す方法

弾力のある泡で洗顔黒ニキビ対策

しっかり汚れを落としてくれる「石鹸」を使いましょう!

実は汚れは弱アルカリ領域でしか落ちないんです。

弱アルカリの洗顔料ですが、、固形の枠練透明石鹸が固形石鹸の中で一番肌に負担をかけず、毛穴の奥の汚れもきちんと落ちます。

ニキビ予防に透明石鹸

ちなみにクレンジング剤の洗顔は、クレンジング剤が弱酸性なんですね。
なので毛穴が開きにくく、皮脂やタンパク質の汚れの70%は落ちないんです。

これが、毛穴に詰まり酸化して黒ニキビになります。
汚れがきちんと落ちていないので、黒ニキビになるんです。

洗顔後に、顔がすっきりしていますか?
なんか、毛穴が重たいっていうか、違和感っていうか・・・

もし、そんな感じがある場合、汚れが取れ切っていない可能性が高いです。

でも、汚れを取り切る=皮脂も余分にとってしまう

ということにもなるんですね。

お風呂上り、石鹸で洗顔した後は皮脂が落ちて顔が突っ張る感じがする人もいるかと思います。
なので、しっかり汚れを落とした後、化粧水でお肌を整えてくださいね。

それでは、次ページで黒ニキビを最短・簡単に無くす3ステップをお伝えしていきます!

⇒ 「黒ニキビを最短・簡単に無くす3ステップ」へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう